Admin   Newentry   Upload   Allarchives

舵角王の団地日記

趣味であるラジコンを中心としたブログです。

世界選手権 その8 

予選初日以降、まったく更新できませんでした(^^;
その理由は、どこかのブログで見た方はご存知かもしれませんが
予選二日目のホテルへの帰りのタクシー内に携帯(iphone5)を
忘れまして、全く何も出来ない状態になってしまいました(笑)
なので写真も全く撮れていません(TT)

その辺の詳しい話は後日談として(笑)
予選二日目からは徐々にコース慣れして、走るたびにタイムを更新。
最後の6ヒート目で自己ベストを出して予選終了。
もちろん初日に失敗したエキスパートの方たち等もタイムアップするので
なんだかんだで予選は90位でした。
公式練習やコントロールプラクティスの状態からすれば、最下位もあるな。。。
と覚悟していたので、二桁ですんだのはホッとしました。

決勝は1/128B(20分)のゼッケン1で、日本勢では最初の登場です←当たり前(笑)
他の人とはタイム差もあるのと調子も良かったので、ハイサイドするか大きなミスが
なければ順当に勝ちあがれると思っていたのでリラックスして操縦台にあがりました
スタートは大きな混乱もなく、トップのまま走行。。。しかし。。。
手が思うように動かない。。。めっちゃ緊張してるじゃ~ん!!(笑)
後でギャラリーしていたI口さんからも車の動きで緊張しているのが分かったという程
車がぎこちない動きをしていたようです(笑)
周回が進むにつれて、一台だけ後ろから凄いペースでまくってきた車(ゼッケン9)に
譲っただけで、他の後続車とは徐々に離れていったので、緊張もなくなって気楽に
走れるようになって、次の1/64はフロントのバネをワンランク固くしたほうが良いな~
とか考えながら走ってました。
しか~し!!
2位のまま最後の給油を終え残り約3分!!
最終コーナーを立ち上がろうとアクセルを入れた途端。。。
『フィーーーーン!!』と音はするものの車が前に出ない。。。
うわぁ~、プーリーが緩んだか、ベルト系のトラブル発生。
ピットに戻って見てもらったらリアベルトが外れていました(--;
すぐにはめ直してもらって再走行しましたが、また直ぐに外れてしまい
結局、そのままタイムアップで私の世界選手権は終了となりました。

切れるでもなく、歯飛びしているわけでもなく、リアデフを間違えて逆に
組んでいる訳でもないのに外れちゃってました。
しかもベルトは前日の走行後に新品に交換したばかり。。。
全くの原因不明です。
しいていいえば若干ベルトが伸びていたので、コーナー立ち上がりで
ゼブラに軽く乗ったので、その時の着地の際にベルトに負荷がかかったのかな?と。。。
H-K1を使ってきて初めての症状ですね
まぁ、乗らなくて良いゼブラには乗るな!!ということでしょうか(笑)

レース終了後に車を点検していたら、序盤でコースを譲ったゼッケン9の
ドライバー(多分ノルウェー人)が、『何のトラブルだったの?』と
聞いてきたので、リアベルトが外れたと返答したら、『俺のはこれだよ。。』と
2速スパーが舐めた車を見せてくれました。
結局、1-2を走って車がトラブルでリタイヤする事になったみたいです。
彼とも一緒に勝ち上がりたかったねと話をして二人ともしばらくショボーンとしてました。

もちろん私は英語はさっぱりなので本当に片言なんですが
海外のドライバーと話がコミュニケーションがとれるのも
同じ趣味を持っているからこそ出来るんだな~と感じる一場面でした。

昨日の決勝後に行われたバンケットでも彼と話をして、2年後の世界選手権で
リベンジしようと約束して別れました。

グランドファイルの結果はREDRCでアップされているのでコピペです(笑)

1.(4) Meen Vejrak – KM Racing/Novarossi、ZAC – 208/56:35.312
2.(3) Atsushi Hara – HB/OS Speed、ZAC – 207/56:30.902
3.(8) Francesco Tironi – Capricorn/Capricorn – 204/56:33.302
4.(10)Andy Moore – HB/Maxima – 203/56:26.846
5.(7) Chavit Sirigupta – Mugen/Maxima、ZAC – 202/56:26.715
6.(6) Keisuke Fukuda – Mugen/Picco、ZAC – 202/56:32.394
7.(5) Alexander Hagberg – Xray/Orcan – 202/56:33.002
8.(2) Jilles Groskamp – Capricorn/Maxima – 201/56:30.134
9.(9) Cheung Hang Hung – KM Racing/Murnan、ZAC – 196/56:17.902
10.(1)Teemu Leino – HB/LRP、ZAC – 181/49:57.460

10台中H-K1が2台、ZACタイヤ使用車が6台
しかもZACタイヤはこれが世界選手権初タイトルとの事です!!
おめでとうございます!!

しかも9位になったKMのHangは予選まではCONTACTタイヤを使用して
たんですが、予選終了後にZACのピットに来て、ZACタイヤを使わせてほしいと
お願いに来ていました。
決勝日からZACタイヤに切り替えてからは、見違えるほど切れた走りで1/4から
勝ち上がって、香港人として初めてのファイナリストになってしましました。

セミファイを勝ち上がってファイナリストになった直後に『おめでとう!』と声をかけたんですが
ニコニコしながら『ZACタイヤ サイコウ!!』と超ハイテンションでした(笑)

HangもH-K1の開発者としてKMを背負っている一人で
この世界戦にかける想いは半端なもんじゃなかったと思うので
あの姿は心の底から喜んでいるのが伝わってきましたね~。

いや~、書き出すと色々な事が出てくるので
続きは後日。。。

え?


私の最終順位ですか?


ジャスト100位ですが、何か?(笑)

今日は予備日なので、最後の思い出としてサーキットを軽く走って
明日に帰国する予定で~す。

Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 1

top △

この記事に対するコメント

スマホか携帯さえあれば!

3274rzpz
スマホか携帯さえあれば、どんなキモオタでもヤれる!
だって、俺がヤれたんだもん!
http://38l8T4oD.ipon.me.uk/38l8T4oD/

某ヲタ #4FGT0Zas | URL | 2012/11/21 22:37 * 編集 *

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://dakakuorclife.blog129.fc2.com/tb.php/156-8a000ef4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-06