Admin   Newentry   Upload   Allarchives

舵角王の団地日記

趣味であるラジコンを中心としたブログです。

ラジコン史 その2 

ハイテックが閉店になって、
次に走りに行ったのが湘南スピードウェイ

実はハイテックより前に、1度見学に行った事が
ありました。その時はコース仕切がフェンスでは
なくて、コンクリート縁石が並べられた仕切で
ワンヒットで簡単に壊れるコースだったんで
行くのをやめでハイテックにしました

なので湘南スピードウェイに行くのは
正直乗り気じゃなかったですね(笑)

でも、ハイテックでテクニカルコースに
走り慣れていたので、コンクリートの仕切り
でも意外と走れたんで通う様になりました。

ここの常連さんに、現在KMサポートの安達さんが
居ました。
他に鈴木さん、石川さん、隈本さん、富永さん、目桑くん、半田くん、桐谷さん… 他(笑)

個性的で凄腕の方が多かったですが、
ここでの出会いが、自分のラジコン史に
大きな影響を与えたと思います。

湘南スピードウェイには毎週のように通って
いたんですが、ここのピットが変わっていて、
当時は27MHzと40MHzのクリスタル方式
だったんで、ピット自体が27と40の部屋に
完全に分かれてました。
駐車場からコースに入って、右が27、左が40の
ピットだったと思います。

さらに!
40MHzなら61~75まで座る席が決まっていて
各バンド向かい合わせで2人まで座れる様に
なってました。
なので、27MHzは1~12の12バンド
40MHzは61~75の8バンドで各2人までだから
40人までしかピットに入れないので
受付終了になる訳です。

自分は40MHzだったんで、ピット入ってすぐの
75番席を使っていたんですが、実は安達さんも
75番を使っている事が多かったらしく
自分が早くサーキットに着いて、75番席に座って
ると、大体73番に安達さんが座るパターンが
多くなりました(その逆もあり)

んで、毎週のように顔合わす様になってる内に
色々話すようになり、初心者だった自分に
色々教えてくれるようになった訳です。

ちなみに自分の「舵角王」ってHNは
安達さんではなく、常連だった富永さんに
命名されたんですよね~(笑)

ある時、自分の車を常連さんに
走ってもらった時に、みんな走り難そうにしてて
まぁ、今も変わりませんが…(笑)

とにかく舵角が多すぎるって言われたんです
当時は舵角は多ければ多いほど曲がれるだろ!
って思ってたんで、メカニカル的に限界まで
舵角をとってました。

そしたら富永さんが、
「なら阪井くんは今日から舵角王だな!(笑)」
って言ったのが、きっかけですね(笑)

そんな愉快な常連さんに遊んでもらって
初めてのレースも湘南スピードウェイの
シリーズ戦で、そこからレースの楽しさを
知ってしまい、また通うようになる訳です。

2000年から2006年までのほとんどを
湘南スピードウェイで走って、マシンも
MTX-2→MTX-3→MTX-4と無限を乗り継いで
ました。

んで、2004~5年位から湘南スピードウェイに
来るようになって仲良くなったのが當銘さん親子
ですかね~

今でも一緒にラジコンしてる小柳は
大学時代の同期で、1年から4年まで
ほぼ毎日一緒にいて、4年の時には
同じ研究室で同じ研究活動してました。
冬は一緒にスキーに行ったりしてましたね

大学卒業して、それぞれ働き始めて
会う機会がなくなり数年たったころに
自分が湘南スピードウェイのトイレから
出てきたら、店内に小柳が居てビックリして

「小柳、こんなとこで何してんの?」
「阪井こそ何やってんだよ!」

んで聞いたら、実は小柳は昔から
電動のラジコンをやってたらしくて
湘南スピードウェイにも、
たまに来ていたらしい事が発覚(笑)

大学時代にそんな話は1ミリも聞いた事ないから
超ビックリしました(笑)
まぁ、そこからエンジンの世界に引き込んだのは
私ですがね(笑)

そんなこんなで湘南スピードウェイの
愉快な仲間達とのラジコンをエンジョイしてたん
ですが、ついにXデーを迎える訳です



湘南スピードウェイは元々、中古車屋さんで
従業員の方達がラジコンにハマり、自分達様に
敷地内にコースを作ったものが、口コミで
広がって、従業員以外の人も走れる様にして
いく内に、ラジコンのみになったサーキット
でした。借地って事もあり、地主さんの意向も
あり、やむなく閉店になってしまった訳です。

最後の営業日は、常連さんが集まって
みんなで走行してお祭り騒ぎでしたね~
コースが短いので、コース1周数珠繋ぎて
走りまくった記憶があります(笑)
夕方にコースクローズしたら、すぐに解体屋さん
みたいな人達が、湘南スピードウェイの
ランドマークだったFLEX看板を倒した時には
切なかったな~(/ _ ; )

走る場所をなくした湘南スピードウェイの
常連達はラジコン難民になってしまったので
次に選んだのは…

京商サーキット!

ここでも色々な出会いがある訳ですが…

その3に続く…



Category: ラジコン

TB: 0  /  CM: 6

top △

この記事に対するコメント

舵角について。

初めまして!
いつもブログを拝見させていただき
参考にしています(`_´)ゞ

私もMTX6で
MTX5発売と同時にGPTを始めまして
そこから毎週サーキットに通い
ラジコン歴は4、5年でしょうか?
MTX5は2台乗り継ぎ
MTX6も2台目を先日シェイクダウンしまして
正直新車の方が各部のガタも少なくやはり走るなーと思っていました笑

こまめに足回りをメンテナンスすれば良いのでしょうが
やはり不意のクラッシュなどで
シャーシやバルク類に目に見えない歪みは生じるものと思い
1年で新車にするみたいな形で今まで計4台もちました!

そこでセッティングノウハウも増えて地元サーキットでは毎度表彰台レベルまで
腕を磨き日々頑張っています!


そこで、舵角の件ですが
私もステアリングはフル舵角。
サーボが鳴くまで舵角を増やしているのですが
舵角というのは減らすのもセッティングの1つなのでしょうか?
STスピードを下げるのは聞いたことあるのですが
舵角量を減らすのはあまり聞いたことがありませんでした>_<

RYO #- | URL | 2015/11/28 02:01 * 編集 *

返事遅れてスイマセン!!

舵角についてですが、当時は少ない舵角で曲がれるようにしないと駄目だ!
と、教えて頂きました。
たしかに、少ない舵角でトラクションを上手にかけて曲がれるようになれば
失速感も少ないので、早く走れるとは思いますが、それには限界があると思うので
今では限界まで舵角はとれるようにしてます。
ただ、実際にサーキットを走っているときには限界までステアリング操作は
してないと思います。
なので、舵角を落としている人の車を走らせてもらうと、ただただ曲がらず、
逆に舵角を落としている人に私の車を走らせてもらうと曲がりすぎてしまう様です。

まぁ、私のセッティングがおかしいって説もありますが(笑)

自分も素人なんで偉そうなことは言えませんが、今の持論は
舵角は限界まで調整して、必要な分だけ使って走る! です。

あとはメカ積みのときに注意しているのは、プロポのサブトリムはゼロで
左右のエンドポイントも極力左右差が出ないよう(±10未満)に
リンケージを調整しています。そうすると左右の曲がり方が
同じになるので走らせやすくなりますね。

あとMTXについては、たしかに新車が一番走りますね
無限に限らずラジコンは全般的にそういうもんだと思いますが
アルミバルクの車は特に顕著だと感じています。
MTX5~6は特にリアバルクが肝なので、後ろからのクラッシュは
かなり厳しいですね、リアバルクのスタビを通している丸い部分に
傷があったら・・・厳しいですね(-_-;)

なので、自分は一日走行した後は、ダンパーをサスアームから外して
アッパーデッキやバルクヘッドを止めているビスは全て緩めて
保管しています。
どれだけ効果があるか不明ですが、なるべく車へのストレスは
抜いておいた方が良いかなと思ってます

舵角王 #- | URL | 2015/12/09 18:16 * 編集 *

お返事ありがとうございます。

確かに少ないキレ角だと失速感はなくなると思いますが
Rがきついコーナーになると旋回力が足りずアンダーですもんね
ステアリングホイルでステア量をコントロールできたほうが
いいテクニックですもんね!

舵角は限界まで調整して、必要な分だけ使って走る!
これは同感です自分も同じ考えで走っていました。
あとSTサーボのスピードを落とす方もいますが
ハイスピードなサーボ、せっかくのパフォーマンスを殺してしまうのはもったいなくて、できませんでしたが
STスピードを落とすのは、とても路面状況が悪いときとかに有効なんでしょうか?

メカ積みポイントのアドバイスありがとうございます!
次にばらした際に参考にしてみますね!

最初、GPTを始めた際MTX5をリアからクラッシュさせてしまい
スタビのベアリングが入るとこが思い切り変形したのを覚えています。

小さなクラッシュの蓄積でもアルミパーツにはよくないんでしょうね。。

アッパーデッキや、バルク類を緩めておくのは過去したことがありませんでした。。
それも次回からやってみますね

それと、MTX6でもシャーシってリア周りはやはり反りますか?
先日2代目のをばらしたところセットボードの上でリア周りが5のような反りがあったので、クラッシュかなーと考えていました

左右のゆがみはないのですがリア周りはありました。。。

長文失礼しました。
お返事はお時間のあるときで大丈夫です!

RYO #- | URL | 2015/12/11 10:20 * 編集 *

RYOさん

どうもです!
STサーボのスピードを落とすのは
自分はやった事ないですね〜

反応が良すぎるな〜と感じる場合は
STサーボホーンのリンケージの取付位置を
下げる(サーボからの距離を短くする)と
マイルドになりますね
MTX-6ならサーボホーンのコマを
入れ替えるだけで調整できますね
ただ、入れ替えた場合は最大舵角が
変わるので、エンドポイントの再調整が
必要になるので注意してください!
もし既に短い位置で使っているのであれば
スピードは落とさずにプロポのエキスポを
下げてみても良いかもしれませんね

あと細かい部分で言えば、ステアリングの
サーボセイバーのスプリングの締込みを
緩くしても反応をマイルドにする事が
できますよ

シャーシの反りはMTX-5の時ほど
顕著には出ませんが、若干反りますね。
ただ、リアは走行中に路面と干渉して
磨り減っているので、反ったような感じに
なりますね。
本当に反ってるか調べるなら、シャーシを
外して、シャーシをひっくり返して
平らな場所に置いた方が確実ですよ!
あと、若干の反りはアッパーデッキや
バルクヘッド上側のネジを緩めると
治ったりする事もあるので試してみて
下さい!

舵角王 #- | URL | 2015/12/12 22:40 * 編集 *

路面が悪い時にスピードを落とすかどうか
って事でしたね;^_^A

路面が悪い時はサーボよりも
足回りのセッティングを変更した方が
良いと思います!
1番簡単なのは、グリップが高いタイヤを
履く事ですが(笑)

舵角王 #- | URL | 2015/12/12 23:01 * 編集 *

長文のお返事ありがとうございます。

サーボホーンのコマ位置ずらしはサーボメーカのホーンを使っていたのでできないんですよね、長さが違うものを使えばいいんだと思いんですけど
ハイスピードにこだわっていました。
また、サードセイバーを緩めてしまうとコーナー中に保持力が弱まる感触があったためやめていました。
プロポのエキスポ調整は試してみます!

シャーシはどうしても消耗品ですもんね
たしかにそりは仕方がないことですが
なんとも目に見えてわかるのは気に入りませんww

バルク類の緩めての保管は先日の走行後から試してみています!
若干駆動が軽くなったように感じます

こちらのサーキットは路面に乳剤があるのでかなり気温湿度での変化がきつく。
タイヤを食う方向に持っていくとコントロールがシビアになり
自分のセット力と比例しなくていつも困っています。
フロント勝ちになったりするんですよね。。。
まだまだ未熟です、

たくさんのアドバイス本当にありがとうございました!
参考にしていきますね!

RYO #- | URL | 2015/12/16 13:54 * 編集 *

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://dakakuorclife.blog129.fc2.com/tb.php/390-b4a3c138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-04